スキャルピングとデイトレードい違いについて

スキャルピングとデイトレードい違いとは?


FXのトレード手法はいくつかありますが、その中でも一番違いがわかりにくいのが、スキャルピングとデイトレードではないでしょうか。簡単に説明をするなら、スキャルピングはデイトレードの1つと理解をしておくとわかりやすいかもしれませんね。

デイトレードとは?


デイトレードとは、エントリーと決済をその日のうちの行うトレードのことです。オーバーナイトをしない取引のことです。とういことは、エントリーと決済をその日のうちに何度も繰り返すスキャルピングは、デイトレードなのか?と言われれば、答えはYESということになります。相場の開始と同時にエントリーをして、相場が閉まる前に決済をしてもデイトレードですし、相場が空いている間に何度もエントリーと決済を繰り返すスキャルピングもデイトレードになります。

デイトレード=スキャルピングではない


スキャルピングはデイトレードの一つですが、デイトレード=スキャルピングという公式は成り立ちません。スキャルピングとは分単位で1pip、2pipsなどの少ない値幅で何度も取引をするトレード手法を指す言葉です。例えば、朝一番にエントリーをして、相場が閉まる夕方に決済をした場合、それはデイトレードと呼びますが、スキャルピングとは呼びません。

スキャルピングとデイトレードの違いは紛らわしいかもしれませんが、明確に違いを理解しておくとFXを学ぶ上できっと役立つでしょう。

恋スキャFXビクトリーDX完全版の公式サイトへ